スポンサードリンク

「アインシュタイン」のそっくりロボット


アインシュタイン」のそっくりロボットが登場(とうじょう)したというニュースだよ。
次項有「アインシュタイン」って、世界(せかい)で一番有名(いちばんゆうめい)な科学者(かがくしゃ)だよ。

目【8月1日 AFP】スペインのバレンシア(Valencia)にあるCity of Arts and Sciences(シティー・オブ・アーツ・アンド・サイエンス)で開催(かいさい)されているiモード世界各国(せかいかっこく)のネット企業(きぎょう)やゲームメーカーらが集結(しゅうけつ)するハイテクイベントCampas Party(キャンパス・パーティー)に、「アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)」博士(はかせ)が登場(とうじょう)したどんっ(衝撃)

右斜め下実(じつ)はこれは韓国科学技術院(かんこくかがくぎじゅついん)(KAIST)の呉俊鎬(オ・ジュンホ、Jun Ho Oh)教授(きょうじゅ)がひらめき発明(はつめい)したアインシュタインにそっくりな人間型(にんげんがた)ロボット「ヒューボ(Hubo)」。身長(しんちょう)1メートル37センチで、「頭脳(ずのう)」に組(く)み込(こ)まれたWindows XP(ウィンドウズ・エックスピー)により、思(おも)い通(どお)りの動作(どうさ)が可能(かのう)となったというダッシュ(走り出すさま)

わーい(嬉しい顔)誰(だれ)が見(み)てもアインシュタインそっくりな「顔(かお)」を持(も)つヒューボは、宇宙飛行士(うちゅうひこうし)のように飛(と)び回(まわ)った後(あと)、「私(わたし)の名前(なまえ)はアルバート・ヒューボ。バレンシアに来(こ)られてとてもうれしい」と挨拶(あいさつ)。フリーダイヤルぎこちない動(うご)きながら、アインシュタインの相対性理論(そうたいせいりろん)を語(かた)ったりもするぴかぴか(新しい)

チケット呉教授(オ・きょうじゅ)によると、ヒューボは歩行(ほこう)や会話(かいわ)、また微笑(ほほえ)むことができるほか、大半(たいはん)が頭部(とうぶ)に組(く)み込(こ)まれた66個(こ)のハイテクモーターにより太極拳(たいきょくけん)を披露(ひろう)することもできるexclamation×2

ゴルフ同教授(どうきょうじゅ)は、数年後(すうねんご)には、人々(ひとびと)が減(へ)らしたいと考(かんがえ)えている家事(かじ)など、日常生活(にちじょうせいかつ)の手伝(てつだ)い用(よう)ロボットとしてヒューボが活用(かつよう)されることを期待(きたい)していると語(かた)る音楽

美容院1週間(しゅうかん)の日程(にってい)で行(おこな)われる同(どう)イベントイベントには数千人(すうせんにん)が訪(おとず)れ、参加者(さんかしゃ)らがヒューボとの握手待(あくしゅま)ちの列(れつ)を作(つく)るなど、大(おお)いに注目(ちゅうもく)を集(あつ)めている。(c)AFP/Chris Wrightぴかぴか(新しい)
posted by 自由研究Q at 10:03 | 自由研究ネタ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。